NLP(神経言語プログラミング) 北岡泰典公式WEBサイト

NLP(神経言語プログラミング) 北岡泰典 
   

北岡ビデオ

3 月 19 日 (土) 開催: 北岡泰典 Ustream 「トラウマアケ」実演デモ イベント

最新情報 1: 以下の録画セッションの抜粋バージョンが以下の Youtibe サイトにアップされています。

http://www.youtube.com/watch?v=B4euhbf6nHQ

最新情報 2: 3 月 19 日に、第9弾 Ustream 収録セッション「北岡泰典 Ustream 『トラウマキュア』 実演デモ イベント」(約 1 時間) が開催されました。

未閲覧の方々のために、以下に録画セッションがアップされています。

http://www.ustream.tv/user/taiten/videos

該当のビデオ名は「第9弾:北岡泰典 『トラウマケア』実演デモセッション」です。

* * * * * * *

皆さん、こんにちは。NLP ファシリテータ/トレーナーズ トレーナーの北岡泰典です。

3 月 11 日に発生した東日本大震災は、未曾有の人的、物的損害を引き起こしていますが、亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、災害の甚大な影響を受けていらっしゃる方々、そのご家族に心からお見舞い申し上げます。

今回の大地震に関しましては、震災発生の日に、英国アン王女が代表をされている英国国際救助隊の関連団体の「Rapid UK」から、私の英国の貴族の友人を通じて、日本に隊を送りたいという打診を、阪神大震災のときのように再度受けましたので、今回も、日本の政府関係者の方に直接連絡を入れさせていただいたという、私なりの「貢献」をさせていただきました。

1995 年の震災のときは、当初の政府側の不手際もあり、英国国際救助隊の国内受け入れが何日間も遅れましたが、今回は、その教訓を踏まえて迅速な対応が取られたようで、14 日に派遣隊の入国が可能になった模様です。

他にも、NLP の「トラウマキュア」、「トラウマケア」の観点から、被災者の方々と被災者のメンタルケア ヘルパー (セラピスト、カウンセラー、医師等) の方々に対して今後微力ながら何らかの貢献ができないかと現在模索しているところです。

(用語に関する注: 「トラウマ」とは「精神的外傷」と訳されていますが、過去のトラウマ的体験が「フラッシュバック」として何度も頭の中で繰り返される症状が「PTSD (心的外傷後ストレス障害)」です。)

このことにつきましては、現在企画しているプロジェクトが具体化した時点で、私のサイトその他で、詳細を伝えさせていただきたいと思っています。

現時点で言えることとしては、たとえば、私の拙著『一瞬で新しい自分になる30の方法―24時間ストレスフリーでいられるNLPテクニック』 (ダイヤモンド社刊) 等が、コンテントフリー (内容とは無関係。つまり、ファシリテータはクライアントの問題の内容を知る必要はいっさいありません) の方法論としての NLP テクニックを被災者の方々のために「短時間療法」のメンタルケアとして施すための支援ツールになったら、と個人的に願っているところです。

その中で、私自身は、同書にある 30 の NLP テクニックがファシリテータからクライアントに「正しく」施されることが最重要だと思っていますので、急遽、19 日の 18 時から「第9弾北岡泰典 Ustream 収録」を行うことを決め、この Ustream の中で、「恐怖症」をもっておられるクライアントの方に「アンカーリング」と「眼球動作パターン」関連の実際的なデモ演習を行い、その後、アンカーリングのインストールと起動の際のタイミング等の重要性、「コンテント フリー」および「トラウマキュア」、「トラウマケア」としての NLP の意味合い、ファシリテータにとってのラポール、カリブレーション (観察力)、 柔軟性、および首尾一貫性の重要性、といった観点からの実際的なアドバイスを提供する予定です。

19 日の Ustream のタイトルは「北岡泰典 Ustream 『トラウマケア』実演デモ イベント」で 、18 時から 1 時間放映される予定です。

オンライン参加を希望される方は、該当の生収録時間に、Ustream に流される生放送のビデオ画像をリアルタイムで閲覧してください。Twitter 等によって、リアルタイムの質問を現場に寄せることも可能です。予定されている閲覧 URL は以下のとおりです。

http://www.ustream.tv/channel/kitaoka-live

なお、私は、今後、『30 の方法』のテクニックすべてについて、デモ演習と私自身の解説を提供するビデオ教材を制作するつもりにしています。私の思いは、NLP を「正しく」使っていただくために、本で読んだだけでは絶対にわからない、クライアントさんとの実際の生きたやり取りの中でどのように NLP テクニックを施したらよいかという点等について、広く啓蒙していきたいというところにあります。私の実際のビデオ上での各テクニックに関するアドバイスと解説によって、たとえば、震災被災者のメンタルケア ヘルパーの方々も NLP を最大限有効に使っていただけるものと心から信じています。

19 日の Ustream 収録は、そのプロジェクト シリーズの第一回目となる位置付けです。

ではよろしくお願いします。