NLP(神経言語プログラミング) 北岡泰典公式WEBサイト

NLP(神経言語プログラミング) 北岡泰典 
   

NLPとは

NLPとは?

NLP (Neuro-linguistic Programming、神経言語プログラミング)

NLP は、70 代半ばに、米国カリフォルニア州で当初は精神療法の新しい代替学派として生まれました。カリフォルニア大学サンタ クルーズ校 (UCSC) の言語学教授のジョン・グリンダーと数学者のリチャード・バンドラーによって創始されました。

二人の共同創始者は当時、UCSC でグレゴリー・ベイツンの学生で、1975 年にその最初の書である「魔法の構造、第 1 巻」を出版しました。この書では、最も重要な催眠療法家であるミルトン・H・エリクソン、ゲシュタルト療法の創始者のフリッツ・パールズ、家族療法の権威の一人のバージニア・サティールのような天才の「療法の魔法使い」をモデル化することにより、言語の文法または数学の公式に匹敵する人間の言語コミュニケーションの規則を抽出しようとしました。

1980 年頃から、NLP は、単なる精神療法の代替ツールから、1) 自己啓発、2) 創造性向上、3) パフォーマンス改善、4) コミュニケーション技能向上、5) 学習加速といったエリアでその実践者を支援する「コミュニケーション心理学」の完全な方法論に変容しました。

NLP は、一式の世界についてのモデルを提供してくれますが、これらはNLP の諸前提と呼ばれています。NLP は、それらの前提が必ずしも真であるとは主張しませんが、その世界についてのモデルに従う人々は自分が本当に達成したいものをさらに容易に達成することが可能になるという意味において、これらの前提は極めてパワフルであることが判明します。

過去に両方の NLP 共同創始者によってトレーニングを受けた著者は、ジョン・グリンダーは最高の NLP 理論家であり、リチャード・バンドラーは最高の NLP 実践家であり、二人の学生のロバート・ディルツは最高の NLP テクニックの考案者であると見なしています。

実際、上記に言及された 5 つの目的を達成することにおいて、「メタミラー」、「共鳴パターン」、「信念体系統合」のようなディルツが考案したテクニックは、バンドラーが発明したテクニックの「サブモダリティ」と同様、極めてパワフルです。

日本では現在、コーチングがはやっていますが、その多くは NLP の「ミニチュア版」コーチングといっても過言ではないかもしれません。すなわち、コーチング業界で話題になっているのが、NLP コーチングです。また、現在、セラピー、カウンセリング等においても、主要方法論として NLP が使われてきています。このことを図式にして表すと以下のようになります。

また、最近の北岡泰典のワークは、以下のような「NLP、催眠、瞑想」の「三位一体説」に基づいて、行われてきています。


無断転載は禁止されています。
(c) Copyright 2007, Taiten Kitaoka. All rights reserved.

▲このページのトップに戻る