NLP(神経言語プログラミング) 北岡泰典公式WEBサイト

NLP(神経言語プログラミング) 北岡泰典 
   

メールマガジン

新・これが本物のNLPだ!(メルマガ)


『新 ・ こ れ が 本 物 の N L P だ ! 』バナー

******************************************************************
NLP四天王(グリンダー、バンドラー、ディルツ、ディロージャ)から正式トレーニング
を受け、現在NLP資格コース開講中の著者が、最先端コミュニケーション心理学/
実用心理学のNLPについて情報を多角的に発信します。
******************************************************************

インターネット メルマガ「新・これが本物の NLP だ!」は、以下の Web サイトで閲覧可能です。

http://www.mag2.com/m/0000135976.html

北岡泰典ドットコムの以下のページでも、「新・これが本物の NLP だ!」の最新号が閲覧可能です。

http://www.kitaokataiten.com/nlp_magazine/

このメルマガのバックナンバーは以下の Web サイトで閲覧可能です。

http://www.creativity.co.uk/creativity/jp/magazine/backnumbers/

また、 本メルマガの購読登録、解除は、以下で可能です。

メルマガ登録・解除
 


無断転載は禁止されています。
(c) Copyright 2007, Taiten Kitaoka. All rights reserved.

 

▲このページのトップに戻る

新・これが本物のNLPだ!最新号紹介ページ

新・これが本物の NLP だ!

バックナンバー

 


『新 ・ こ れ が 本 物 の N L P だ ! 』バナー

本メルマガと同じテキストが以下でも閲覧可能です。
http://www.creativity.co.uk/creativity/jp/magazine/latest/

Creativity Enhancement Ltd.
New Phase Vol 120: 2017.10.20

『新 ・ こ れ が 本 物 の N L P だ ! 』

************************************************************************
NLP四天王(グリンダー、バンドラー、ディルツ、ディロージャ)から直伝を受け、
43名の認定トレーナーを輩出した著者が、業界を超えて、あらゆる方々に役立つ
最先端コミュニケーション心理学/実用心理学のNLP情報を多角的に発信します。
************************************************************************

『北岡「実践的顕魂学」ワークついに始まる!』

皆さん、こんにちは。意識の研究家/NLP トレーナーの北岡泰典です。

今号のメルマガは、新編第 120 号です。今号のメルマガでは、以下のトピックがカバーされています。

1.「実践的顕魂学」紹介体験イブニング ワーク開催決定!
2.「不都合な真実の暴露!」シリーズ
3.北岡ワーク教材

/////////////////////////////

1.「実践的顕魂学」紹介体験イブニング ワーク開催決定!

北岡は、2013 年に NLP 業界を離れてからエグゼキュティブ コーチング個人セッション業界で活動してきていましが、最近の「新北岡遇辺メルマガ」の「特別アンケート キャンペーン」で、「不都合な真実シリーズ」の記事で北岡が主張していることが、かなり好意的に受け取られていることがわかり、また、「北岡遇辺独自」のコースとワークショップに興味をもたれた方も多くいらっしゃったので、日本の方々が「大衆催眠」から覚醒して、さらに自立していただくためのワークを開講していくことを決意しました。

この新シリーズのワーク名は「実践的顕魂学」ワークとなります。

すでに商標登録済みの「実践的顕魂学」は、英語では、「The Practical Science of the Soul (魂についての実践的科学)」(仮称) となります。

「実践的顕魂学」の意味合いは、「肉体がまだ生きている間に、『「不死」の魂』を『顕現化』することを可能にする『実践的』心理学的ノウハウを明示化する科学」という意味です。実は、60 年代のヒッピーが有名にした「サイケデリック」という造語は、「プシケー (魂、精神) を顕現化する」を意味する形容詞ですが、この言葉の本来の意味を、私は日本語で「顕魂学」と呼ぶことにしました。

また、「実践的顕魂学」の目的は、以下の通りです。

1) 人間の魂の真の目的をどのように知るか、の明示化
2) 「ブラーマン」 (人間の魂、真我等)」に向かう明示的手順の定義
3) そこに達するための具体的な方法論の紹介と伝授

北岡は、1983 年に米国西海岸でインド人に弟子入りしてから、瞑想、催眠、セラピー、変性意識の実験を通じて、クンダリーニの覚醒と悟りを経験し、古今東西の「精神世界」 (もっと厳密には「隠秘学」) の真髄を完全体得しました。

その後、1988 年に英国でグリンダー氏式 NLP を知って以来、2001 年に帰国してから NLP 資格コースを開講し始め、2013 年に NLP 業界を離れるまで、「悟りのプロセスを現象界で恒常化させる」ための方法論として NLP を徹底的研究・実践しました。

2013 年に NLP 業界を離れた後は、なぜ国内の自己啓発系の学習者が「現実を仮想現実化」できないのかのメカニズムを完全解明し、その後、最新の西洋科学として神経科学の分野の研究を続けてきています。

その中で、北岡の 35 年におよぶ徹底的な「意識の研究」の集大成として、「隠秘学と NLP と神経科学」の「最終的止揚統合形」としての北岡「実践的顕魂学」ワークを開始することになった次第です。

北岡は、最終的には、「実践的顕魂学」ワークは、全世界に英語で発信する国際的なワークにすることを目指していますが、国内でも、社会が疲弊しきっていて、「大衆洗脳」の中で人々が「どんづまり感 (蟻地獄感)」を感じているようですので、自立して、自分でものが考えられ、自分の行動に責任が取れる「21 世紀を心理的に健全にサバイブできる、イノベイティブな人材」を育成するためにも、まず、国内で、この新ワークを始めることにしました。

「実践的顕魂学」ワークとしては、現時点では、「(紹介体験ワークを含む) ワークショップ」、「一定日数の資格コース」、「インストラクター養成コース」、「個人セッション」、「ビデオ教材による通信講座」等 (これらは、現時点では、予定です) を考えています。

ということなのですが、「善は急げ」ということもあり、さっそく、今月末に「実践的顕魂学:紹介体験イブニング ワーク」を開講することになりました。

日程は 10 月 23 日 (月) の予定です。特別参加費は 3,000 円 (税込) です。

北岡の最近の「不都合な真実シリーズ」主張に興味をもたれている方々、北岡の人となりを知りたい方々に、特にお勧めいたします。

では会場でお待ちしています。

参加に興味のある方は、以下のページのお申し込みフォームから申し込んでください。

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=IRnMEvHSaIRnMXz

* * * * * * * *

【実践的顕魂学:紹介体験イブニング ワーク概要】

紹介サイト: http://www.office-kitaoka.co.jp/soul_science/
講   師 : 北岡 遇辺
日   時: 2017 月 10 月 23 日 (月) 19:00 - 20:30 (定員 10 名)
会   場 : 新宿区内 (お申込者の方に詳細をお伝えします)
特 別 参 加 費 : 3,000 円 (税込)
お 支 払 方 法 : 銀行振込もしくはクレジットカード
参加資格 : 特にありません。
主催 : 株式会社 オフィス北岡 (CEO 北岡泰典)
参加申し込みサイト:
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=IRnMEvHSaIRnMXz

/////////////////////////////

2.「不都合な真実の暴露!」シリーズ

最近、北岡は、「新北岡遇辺メルマガ」で「不都合な真実シリーズ」の記事を発信してきていますが、「極めて過激」な内容も含まれていると思います。北岡は、これまで、これらの点について「オブラートに包んで」表現してきていましたが、2001 年の国内での活動開始以来、北岡には、日本の現状は「悪化」の一途を辿っていると思われるので、本気で日本を救うためにも、表現を「ど直球」にすることにしました。

これまで計 23 の「不都合な真実シリーズ」記事を発信しています。たとえば、以下のようなトピックが含まれています。

* ドラック文化としてのカウンターカルチャー
* Apple、Microsoft、Google、Facebook、Amazon、Tesla の CEO 級のイノベータが日本で
  生まれえない理由
* タブーとしてのポルノグラフィーとドラッグ
*「投票箱」で終わる日本の民主主義
* 国連 (= 連合国) の唯一の敵国としての日本
* 「クロウリー級の魔術のテクニック」としての「曼荼羅フラクタル リエンジニアリング
  (MFR)」
* 現実とは、「常に自分が作り出している仮想現実」であり、「コントロールされた
  幻覚」である
* 日本の自己啓発系の先生方は、欧米でまともに通用するか?
* 自分自身の中に「無意識」という怪物を抱えて生きていることの原因、北岡によって
  完全解明される!
* 日本人は、「子供のように振る舞うことが大人らしさである」と思い込んでいる?

以上の「極めて刺激的」な「不都合な真実シリーズ」記事の閲覧に興味のある方は、クローズド会員制クラブの無料会員になって「新北岡遇辺メルマガ」を購読していただけるようお願いいたします。

クローズド会員制クラブ無料会員登録サイト: http://www.guhen.jp

/////////////////////////////

3.北岡ワーク教材

1) 「ザ バイブル オブ ザ バイブル学習教材」(2012 年最後開催の NLPIA プ
  ラクティショナー コース約 46 時間 & マスター プラクティショナー
  コース約 41 時間収録収録ビデオ) ダウンロード版 定価 88 万円 + 税

  紹介サイト: http://www.bds.tokyo

2) 「ザ バイブル オブ ザ バイブル必携基本教材全 3 シリーズ」(「学習教材」
  ダイジェスト版 + トレーナーズ トレーニング コース「妥当性チェック」
  演習を特別収録。計 16 時間収録) ダウンロード版 特別価格 15 万円+税

  紹介サイト: http://www.office-kitaoka.co.jp/bible_basic/

3) 「リミッター解除ワーク収録ビデオ」(「RPG ゲーム」演習と「チョイス
  ポイント」の説明を収録。計約 7 時間収録)
  ダウンロード版 特別価格 5 万円 + 税

  紹介サイト: http://www.office-kitaoka.co.jp/kitaoka-coaching/

4) 個人セッション (ご興味にある場合は、別途お問い合わせください。

 



以上、今号のメルマガはいかかでしたでしょうか?

ご質問やご意見がございましたら、忌憚なく info@kitaokataiten.com までお寄せください。

Swami Guhen 『深遠なる意識の旅』メルマガも合わせてお読みください。
http://www.guhen.com/newsletter/

「北岡泰典公式サイト」が開設されています。
http://www.kitaokataiten.com/

このメルマガの過去の号を以下のサイトで読むことができます。 http://www.creativity.co.uk/creativity/jp/magazine/

本誌の無断転載は禁止されています。
(c) Copyright 2017, Creativity Enhancement Ltd / Taiten Kitaoka. All rights reserved.

旧バージョン「これが本物のNLPだ!」全号公開!



『新 ・ こ れ が 本 物 の N L P だ ! 』バナー

******************************************************************
NLP四天王(グリンダーバンドラーディルツディロージャ)から正式トレーニング
を受け、現在NLP資格コース開講中の著者が、最先端コミュニケーション心理学/
実用心理学のNLPについて情報を多角的に発信します。
******************************************************************

本メルマガの読者の方々から、本メルマガの初期の号に書かれている NLP 基本知
識を知りたいという要望が多々寄せられましたので、その要望にお答えして、旧バー
ジョン「これが本物のNLPだ!」の全 17 号を本ページに特別公開することにしました。

以下に「これが本物のNLPだ!」の全 17 号のタイトルとリンクを記します。

VOL.17  2004.6.11
『NLP 徒然考、その 2』
VOL.16  2004.5.26
『大阪第一期プラクティショナー コースについて』
VOL.15  2004.5.13
『「Magic of NLP」およびプラクティショナー コース関連 FAQ』
VOL.14  2004.4.25
『特別対談企画: 北岡泰典氏、「Magic of NLP」について語る』
VOL.13  2004.4.13
『NLP FAQ、その 3』
VOL.12  2004.3.23
『NLP プラクティショナー資格認定コース』
VOL.11  2004.2.25
『NLP 徒然考』
VOL.10  2004.1.23
『NLP FAQ、その 2』
VOL.9  2003.12.28
『NLP 基本用語解説、その 1
VOL.8  2003.12.21
『NLP FAQ、その 1』
VOL.7  2003.12.14
『NLP による自己アイデンティティの拡張』
VOL.6  2003.12.8
『NLP 個人編集テクニック』
VOL.5  2003.11.28
『北岡式学習加速法』
VOL.4  2003.11.20
『私と NLP の出会い』
VOL.3  2003.11.14
『NLP の原則、哲学、存在理由』
VOL.2  2003.11.10
『海外と日本の NLP 認知度比較』
VOL.1  2003.10.26
『北岡式 3 大 NLP 定義」

 



無断転載は禁止されています。
(c) Copyright 2007, Taiten Kitaoka. All rights reserved.

▲このページのトップに戻る