NLP(神経言語プログラミング) 北岡泰典公式WEBサイト

NLP(神経言語プログラミング) 北岡泰典 
   

Mental Care Coaching (メンタルケアコーチ養成)

トラウマケアのための「メンタルケアコーチ養成講座」9月三連休コース日程決定!

「メンタルケアコーチ養成講座」ビデオ 「メンタルケアコーチ養成講座」スケジュール 「メンタルケアコーチ養成講座」 FAQ

 

 

最新情報1: 「9月三連休コース」としての初中上級編の開催が決定しました。日程等の詳細は、ここをクリックしてください

最新情報2: 「メンタルケアコーチ協会」のサイトが新規創設されました。以下のリンクからアクセス可能です。今後、養成講座の詳細は、本サイトと協会のサイトで同時に告知していきます。

 

 

 

メンタルケア養成講座概要

メンタルケアコーチ養成講座紹介

メンタルケアコーチ協会設立のご挨拶

メンタルケアコーチ養成講座初級編 (2日間) 概要

メンタルケアコーチ養成講座中級編 (2日間) 概要

メンタルケアコーチ養成講座上級編 (2日間) 概要

北岡泰典 (キタオカ タイテン) 略歴

免責事項

「メンタルケアコーチ養成講座」申込フォーム

「メンタルケアコーチ養成講座」 FAQ 質問

 

メンタルケアコーチ養成講座概要

※ 「講座参加費」の欄の特典は、それぞれ該当の講座を修了した後に発生します。また、
「上級編」の「特典・初級2回無料」は、「中級編」の「特典・初級1回無料」を含んでいます。


メンタルケアコーチ養成講座紹介

3 月 11 日に発生した東日本大震災は、未曾有の人的、物的損害を引き起こしましたが、亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、災害の甚大な影響を受けていらっしゃる方々、そのご家族に心からお見舞い申し上げます。

NLP トレーナー/ファシリテータの北岡泰典は、過去、PTSD 的症状、「境界線障害」的症状に苦しみ、その後完全克服したという個人的な体験をもっているので、NLP の「トラウマケア」の観点から、被災者の方々と被災者のメンタルケア ヘルパー (セラピスト、カウンセラー、医師等) の方々に対して、北岡なりに個人的に何らかの貢献ができないかと模索してきていました。

その中で、被災者の方々にメンタルケアを提供するファシリテータ (セラピスト、カウンセラー、コーチ、コンサルタント、トレーナー、医師等の総称です) の方々向けに、「メンタルケアコーチ養成講座」の開講することになりました。

北岡が、過去 10 年間、資格コース等で教えてきている NLP は、1975 年の創始時には、元々、心理療法の一派として生まれた経緯があり、欧米では、通常は長期間かかるトラウマケアをごく短時間で可能にする方法論として広く知られています。実際、NLP は、1970 年代のあまりにも数多くのベトナム戦争帰還兵のトラウマ治療を加速化する「短時間療法」のニーズを背景として開発されました。

このため、PTSD 症状をもったクライアントにメンタルケアを施す必要のある方々に効果的なメンタルケアの技能を身につけていただきたいという思いから、本講座を開講することを決意しました。

「メンタルケアコーチ養成講座」の目的は、NLP のの観点から、被災者の方々と被災者のメンタルケア ヘルパー (セラピスト、カウンセラー、医師等) の方々に対してトラウマケアの方法論を提供し、かつ、有効で効率的なトラウマケアができるメンタルケアコーチを養成することにあります。

本講座の主催者は、北岡が代表を務める「メンタルケアコーチ協会」です。

▲このページのトップに戻る


メンタルケアコーチ協会設立のご挨拶

皆様、メンタルケアコーチ協会代表の北岡泰典です。

私は、生後 4 ヶ月のとき、脳性麻痺に罹り、左半身が不随となりました。5 歳と 10 歳のとき、心身障害児向けの養護施設に、それぞれ、半年間と2年半入所しましたが、そこでは、「幼児性愛」的な性質を含む、数多くのトラウマ的体験をもち、その後、通常の小中学校に戻っても「社会適応」がまったくできず、「不良」になったり、「引きこもり」になったりしました。

特に、十代、二十代のときは、今で言う PTSD 的症状、「境界線障害」的症状に苦しみ続けました。その中で、四六時中、なりたい自分と実際の自分のギャップに苦しみ、また、極度の「他人の視線恐怖症」のため、まともに公の場所を歩けない状態でした。

この心理的な「どん詰まり」状態を打破するため、(仏語通訳として) サハラ砂漠等の海外に「脱出」したり、瞑想を始めとする精神修行を継続的に行ったりしましたが、最終的に、PTSD 的症状、「境界線障害」的症状を解決に導いたきっかけは、1988 年の英国における NLP (神経言語プログラミング) の共同創始者のジョン グリンダー氏との出会いでした。その後、NLP を研究実践する中で、NLP テクニックを自分自身に「自己適用」することを通じて、トラウマ関連の問題を最終的に「完全克服」することができました。

その後、NLP のパワフルさをできるだけの多くの人々に伝えるべく、2001 年に英国から帰国し、国内で NLP を活用した資格コース、ワークショップ、コーチングを数多く提供してきています。

2009 年からは、NLP の方法論を基にしたプレゼンテーション技能向上を目指す、国内日本人としては唯一のトレーナーとして NLP トレーナーズ トレーニング コースも開講してきていますが、施設体験のトラウマに絡み取られていた過去の私と比べると、文字通り奇跡としか言えないような著しい自己変容を遂げることを NLP は私に可能にさせてくれています。

このような奇跡的な方法論を通じて、常々私なりの社会貢献ができないかと考えてきていました。その中で、誠に不幸なことに、先日、東日本大震災が発生し、震災後の未曾有の悲惨的状況の中、今後 PTSD に悩む人々が増え続け、将来非常に大きな社会的問題となると思われますので、このエリアがまさしく、もっとも私自身の過去の体験とノウハウと技能を生かした私なりの社会貢献ができる分野ではないかと思い、「メンタルケアコーチ協会」の設立を決意いたしました。

本協会が開講する「メンタルケアコーチ養成講座」の目的は、NLP の「トラウマケア」の観点から、被災者の方々と被災者のメンタルケア ヘルパー (セラピスト、カウンセラー、医師等) の方々に対してトラウマケアの方法論を提供し、かつ、有効で効率的なトラウマケアができるメンタルケアコーチを養成することにあります。

1975 年に米国カリフォルニア州で創始された NLP は、元々、心理療法の一派として生まれた経緯があり、欧米では、通常は長期間かかるトラウマケアをごく短時間で可能にする方法論として広く知られています。実際、NLP は、1970 年代のあまりにも数多くのベトナム戦争帰還兵のトラウマ治療を加速化する「短時間療法」のニーズを背景として開発されました。

私個人としては、本講座を通じて、国内外を問わず、主に投薬治療が中心となっている現在の精神医療の PTSD 対処法の状況が少しでも改善されるようになること、NLP が精神医学界一般に対して肯定的な影響を与えること、等を願っているところです。

▲このページのトップに戻る


メンタルケアコーチ養成講座初級編 (2日間) 概要

講座内容 :

本講座では、PTSD およびそれに準じる症状に対する適切な対処法が教授されます。

本初級講座を受講することで、PTSDクライアントの対処のし方と心構え、コミュニケーション基本技能の SRCF/C (状態管理、ラポール、観察、柔軟性、首尾一貫性) 技能取得等が達成されます。

プログラム :

* コミュニケーション基本技能の SRCF/C のうち、「状態管理」、「ラポール」等の技能演習
* 知覚ポジション (一人称、二人称、三人称) 変更演習
* 五感の従属要素 (サブモダリティ) テクニックを使った状態管理法
* 「トラウマケア」テクニック

日   時 :

2011 年度 9 月三連休コース第五期 (週末)

2011年 9 月 17 日 (土)、 18 日 (日)  10:00 - 18:00

会   場 :
         Valvex Creative Studio
         〒140-0004
         東京都品川区南品川6丁目12-21Valvex地下1階
         TEL:03-6718-4255 FAX:03-6680-5124
         http://www.valvex-co.jp/access.php
         (会場は、変更されることがあることを予めご了承ください。)

参 加 費 : 全2日間で2万円プラス消費税(計21,000円)
        ただし、初級、中級、上級の一括申し込みの場合は、全6日間で
        10万円プラス消費税(計105,000円)の特別価格が適用されます。

定    員 : 15名

講    師 : 北岡 泰典

参加資格:
         特に問いません。PTSD 症状に悩まれている方の症状改善に
         役立ちたいと思っている方、PTSD クライアントに接する必要のある
         「ファシリテータ」 (セラピスト、コーチ、カウンセラー等)、メンタルケア
         の仕事に興味のある方等が対象です。

取得資格 :
         メンタルケアコーチ協会発行「メンタルケアアシスタントコーチ」
         (ただし、査定に合格した者。不合格の場合は「修了書」を取得)

主   催 : メンタルケアコーチ協会
         c/o 株式会社 オフィス北岡
         〒165-0034
         東京都中野区大和町1-67-6-2F
         TEL:03-5330-6690 FAX: 03-3336-3426
         メール: info@office-kitaoka.co.jp

※講義・演習内容は、当日の条件と状況に応じて、一部変更または割愛される可能性のあることをあらかじめご了承ください。

これまでの初級編の日程はここをクリックしてください。

▲このページのトップに戻る


メンタルケアコーチ養成講座中級編 (2日間) 概要

講座内容 :

本講座では、PTSD およびそれに準じる症状をもったクライアントに対する効果的な対処法が教授されます。

本中級講座を受講することで、PTSDクライアントの対処のし方と心構えの実際的方法、コミュニケーション基本技能の SRCF/C (状態管理、ラポール、観察、柔軟性、首尾一貫性)、クライアントからのエネルギーのフィルタリングの実際的技能習得が達成されます。

プログラム :

* コミュニケーション基本技能の SRCF/C のうち、「観察」等の技能演習
* クライアントを前にした効果的な傾聴テクニック
* クライアントとのラポール形成のための基本的な催眠テクニック
* クライアントからのエネルギーのフィルタリング テクニック

日   時:

2011 年度 9 月三連休コース第三期

2011年 9 月 19 日 (祝月)、 23 日 (祝金)  10:00 - 18:00

会   場 :
         Valvex Creative Studio
         〒140-0004
         東京都品川区南品川6丁目12-21Valvex地下1階
         TEL:03-6718-4255 FAX:03-6680-5124
         http://www.valvex-co.jp/access.php
         (会場は、変更されることがあることを予めご了承ください。)

参 加 費 : 全2日間で5万円プラス消費税(計52,500円)
        ただし、初級、中級、上級の一括申し込みの場合は、全6日間で
        10万円プラス消費税(計105,000円)の特別価格が適用されます。

定    員 : 15名

講    師 : 北岡 泰典

参加資格:
         「メンタルケアコーチ養成講座初級編」を受講し、
         「メンタルケアアシスタントコーチ」の資格を取得した者

取得資格 :
         メンタルケアコーチ協会発行「メンタルケアコーチ」
         (ただし、査定に合格した者。不合格の場合は「修了書」を取得)

主   催 : メンタルケアコーチ協会
         c/o 株式会社 オフィス北岡
         〒165-0034
         東京都中野区大和町1-67-6-2F
         TEL:03-5330-6690 FAX: 03-3336-3426
         メール: info@office-kitaoka.co.jp

※講義・演習内容は、当日の条件と状況に応じて、一部変更または割愛される可能性のあることをあらかじめご了承ください。

これまでの中級編の日程はここをクリックしてください。

▲このページのトップに戻る


メンタルケアコーチ養成講座上級編 (2日間) 概要

講座内容 :

本上級講座を修了後、「マスターコーチ」として認定されたメンタルケアコーチは、メンタルケアコーチ養成講座の初級編と中級編を開講する資格を取得します。

本講座を受講することで、メンタルケアコーチ養成講座の初級編と中級編を教えるためのノウハウを獲得します。

特に、プリゼンターとしてのコミュニケーション基本技能の SRCF/C (状態管理、ラポール、観察、柔軟性、首尾一貫性) 技能の習得の徹底、講座参加者とのラポールの取り方等の実際的技能習得が促進されます。

プログラム :

* プリゼンターとしてのコミュニケーション基本技能の SRCF/C (特に「首尾一貫性」) 技能習得の徹底
* 講座参加者とのラポールを形成するテクニック
* PTSD 改善を支援する「上級」テクニック

日   時:

2011 年度 9 月三連休コース第三期

2011年 9 月 24 日 (土)、25 日 (日)  10:00 - 18:00

会   場 :
         Valvex Creative Studio
         〒140-0004
         東京都品川区南品川6丁目12-21Valvex地下1階
         TEL:03-6718-4255 FAX:03-6680-5124
         http://www.valvex-co.jp/access.php
         (会場は、変更されることがあることを予めご了承ください。)

参 加 費 : 全2日間で8万円プラス消費税(計84,000円)
        ただし、初級、中級、上級の一括申し込みの場合は、全6日間で
        10万円プラス消費税(計105,000円)の特別価格が適用されます。

定    員 : 15名

講    師 : 北岡 泰典

参加資格:
         「メンタルケアコーチ養成講座中級編」を受講し、
         「メンタルケコーチ」の資格を取得した者

取得資格 :
         メンタルケアコーチ協会発行「メンタルケアマスターコーチ」
         (ただし、査定に合格した者。不合格の場合は「修了書」を取得)

主   催 : メンタルケアコーチ協会
         c/o 株式会社 オフィス北岡
         〒165-0034
         東京都中野区大和町1-67-6-2F
         TEL:03-5330-6690 FAX: 03-3336-3426
         メール: info@office-kitaoka.co.jp

※講義・演習内容は、当日の条件と状況に応じて、一部変更または割愛される可能性のあることをあらかじめご了承ください。

これまでの上級編の日程はここをクリックしてください。

▲このページのトップに戻る


北岡泰典 (キタオカ タイテン) 略歴

40 年以上に渡る変性意識の学際的研究家。和歌山県田辺市の生家の墓は、合気道創始者、植芝盛平の以前の墓の真隣。

生後 4 ヶ月で患った脳性麻痺のため左半身が不随となる。このため 5 歳と 10 歳のとき入所した施設でトラウマ的体験を数多くもち、その後、中学時代から 20 歳代後半まで社会適応ができず、PTSD 的症状、「境界線障害」的症状に苦しむ。これらの問題を、1983 年米国西海岸でインド人導師に弟子入りして瞑想修行することで軽減させた後、1988 年より NLP (神経言語プログラミング) を研究実践する中で、NLP の自分自身への「自己適用」を通じて、「完全克服」することに成功する。

この経験を生かして、代表を務めるメンタルケアコーチ協会が主催するメンタルケアコーチ養成講座を通じて、メンタルケアコーチを養成している。

早稲田大学在学当時、フロイト、ライヒ式精神分析に興味をもつ。1981 年の卒業後、北アフリカのサハラ砂漠に渡り、3 年間大手企業の仏語通訳に従事。

サハラ砂漠での瞑想的な砂漠経験と、アラブ世界との一連の文化人類学的な出会いにより、「より高次元の自己」、またはグレゴリー ベイツンのいう「より大きなマインド」を探求する精神世界の旅を始める。1983 年より精神世界の求道者となり、東洋の精神世界と西洋のコミュニケーション心理学の研究に関与。

80年代初めに、合衆国オレゴン州で 7 ヶ月間の心理療法講習コース参加。このコースで、ほぼすべての西洋心理療法の学派を習得。

1985 年より英国ロンドン市に滞在英国防衛省、健康省、英国国教会、英国遺産局、英国核燃料公社、英国国際救助隊、アン王女、カザフスタン共和国大臣その他に通訳、異文化コミュニケーションコンサルタンシー業務を提供。

過去 20 余年に渡って欧米でNLPを研究、実践。ジョン・グリンダー、リチャード・バンドラー、ロバート・ディルツ、ジュディス・ディロージャの「NLP四天王」から直接正式にトレーニングを受け、以下の認定を受ける。

* 米国カリフォルニア州サンタ クルーズ市グリンダー・ディロージャ & アソシエーツ (GDA) で NLP プラクティショナーおよびマスター・プラクティショナー資格取得。(1988、1989 年)
* ドイツミュンヘンで開催のバンドラー主催 NLP 協会 NLP 認定トレーナー資格取得。(1995 年)
* NLP ユニバーシティでディルツ & ディロージャ主催の NLPU 認定プラクティショナー・コース開講認可コース修了。この公認を受けたトレーナーは世界で21名。(2002 年)

2002 年帰国後は、国内でNLPを活用したコーチング・セッション、ワークショップ、資格コースを数多く提供してきている。

スピリチュアルの知識も実践的に体得してきていて、「精神世界のアーティスト」、「シャーマニスティック ヒーラー」等と称されることもある。

(株) オフィス北岡代表取締役社長
NLP インテグラル アソシエーション (旧日本 NLP 協会) 代表
前日本NLP学院(旧英国NLP学院日本校)学院長
英国 Creativity Enhancement Ltd. 社CEO

古典的 NLP 入門書「Magic of NLP」、ビジネス NLP 入門書「 ビジネスを成功させる魔法の心理学」、ニューコード NLP 古典書「個人的な天才になるための必要条件」の翻訳者。「5文型とNLPで英語はどんどん上達する!」(ダイヤモンド出版)および「一瞬で新しい自分になる30の方法」(ダイヤモンド出版)著者。

現在、「これが本物のNLPだ!」と「北岡泰典メールマガジン」のメルマガを発行中。

▲このページのトップに戻る


免責事項

北岡泰典は、代表を務めるメンタルケアコーチ協会が主催するメンタルケアコーチ養成講座を通じて、メンタルケアコーチを養成しています。

北岡は、自身の幼児期の施設体験から生まれた PTSD 的症状、「境界線障害」的症状を NLP の自分自身への「自己適用」を通じて、「完全克服」することに成功してきているので、同じように、PTSD 的症状に苦しんでいる方々および、PTSD クライアントに接する必要のある「ファシリテータ」 (セラピスト、コーチ、カウンセラー等) の方々に、北岡自身が問題克服にもっとも有効と思われる NLP テクニックと演習を教授しています。

ただし、メンタルケアコーチ養成講座で教える NLP および療法的方法論は、医療的、精神医学的、心理学的診断、治療および診察を提供するものではありません。同講座の講義内容と方法論は、医療的診察や臨床的訓練の一部の補完手段として機能することは意図していても、代替手段として機能することを意図していません。同講座の講義内容を理由として、臨床的診察を無視したり、診察を受けることを遅らせる、もしくはクライアントに臨床的診察を無視させたり、診察を受けることを遅らせることはしないでください。

北岡泰典およびメンタルケアコーチ協会は、上記診断、治療および診察等を無視したり、また、遅らせることによって、同講座の参加者もしくは参加者が接したクライアントの PTSD 的症状が悪化した場合の責任を負いません。

(注: 「メンタルケアコーチ」の名称は、現在、商標登録出願中です。)

▲このページのトップに戻る


「メンタルケアコーチ養成講座」申込フォーム

本「メンタルケアコーチ養成講座」に参加に興味のある方は、以下の申込フォームから申し込んでください。折り返し、参加費のお支払い方法その他の情報をお伝えします。

* * * * * * *


「メンタルケアコーチ養成講座」申込フォーム

 

参加講座名:



一括申し込みの有無:


参加希望の初級編:



お名前:
Eメールアドレス入力:
Eメールアドレス再入力:
電話番号:
情報源:
おもちの NLP 資格:
おもちの NLP 以外の資格:
ご意見・ご質問などあれば、こちらへ


運営者:  メンタルケアコーチ協会事務局

▲このページのトップに戻る