NLP(神経言語プログラミング) 北岡泰典公式WEBサイト

NLP(神経言語プログラミング) 北岡泰典 
   

ファーストステップ ワーク

ファーストステップ イブニングワーク

Untitled Document

最新情報: 現在、本ワーク シリーズの収録ビデオの編集、販売を企画中です。詳細が決まり次第、本サイト等で詳細を告知いたします。


北岡泰典は、さまざまな種類のコース、ワークショップを企画、開催してきています。その中で、北岡自身の「生き様」を社会に対して紹介する目的で、新しいワークショップ シリーズを開講することになりました。

本ワークショップは、『一瞬で新しい自分になる30の方法』が出版された 2008 年 11 月から約 3 年間継続して開催されていた「NLP ライブワークショップ」 (計 30 回目開催) の「進化バージョン」のワークです。

本「ファーストステップ イブニングワーク」の名称の「ファーストステップ」は、北岡自身が今まで深く踏み込んでいなかったエリアに「初めて」踏み込んでワークを行うという意味と、他の業界の専門の講師の方々とのコラボ ワークを共同開講することで、参加者の方々に「初めて」該当の業界のコンテンツに触れていただきたいという意味が込められています。これまでの NLP という枠組みには必ずしも捉われずに、自由自在に様々なトピックをカバーしながら、特に若い世代の人々に対して「触発剤」になるようなワークにしていきたいと思っています。

参加費は 3 千円で、予定会場は大井町の Valvex です。今後の予定開催日は、1月24日 (火)、2月14日 (火) です。

なお、本ワークに関連した北岡のバックグランドは、以前まぐまぐから発行されていた『北岡泰典メールマガジン』 (現在は休刊中) で参照することができます。バックナンバーは、http://www.creativity.co.uk/creativity/jp/kitaoka/ で閲覧可能です。

以下が、予定されているワーク内容です。これらのワーク内容は、変更されることがあることを予めご了承ください。

なお、毎回、左脳的知識を右脳的体験に落とし込む目的で、何らかの実地的演習が紹介、実践される予定です。

* * * * * * *

【第六回: 1月24日 (火) 開催「NLP Aphorisms」 in English only】 (終了しました。)

このワークは、北岡の同僚で、過去にさまざまなワークで北岡の共同トレーナーを務められた英国人の Alastair Prentice 氏を招いて、英語オンリーで行うワークです。

トピックとしては、主に、現在、北岡が Facebook に投稿してきている「北岡語録」と、北岡のメルマガで行っている「北岡語録の解説」がカバーされることになります。その他にも、「NLP と催眠」等のトピックにも触れられる予定です。

Prentice による NLP もしくは催眠のデモ演習が予定されています。

参加条件は、日常会話以上の英語が理解できる日本人および外国人の人々とします。

This work will be held solely in English by Taiten Kitaoka and Alastair Prentice, a British colleague of Taiten, who used to teach NLP as his co-trainer in various works.

The topics to be covered will be mainly concerned with the daily aphorisms Taiten has been posting to Facebook, as well as his "expositions on the aphorisms" published on Taiten's online newsletter. Further, topics such as "NLP and Hypnosis" may be discussed during the session.

It is expected that Alastair will deliver a demonstration on NLP and/or hypnosis.

The would-be participants need to have sufficient command in English.

Profile of Alastair Prectice: NLP trainer.

講   師 : 北岡 泰典 & Alastair Prentice
日   時: 2011 年 1 月 24 日 (火) 19:00 - 21:30
予 定 会 場 : Valvex Creative Studio (変更される場合もありえます)
        東京都品川区南品川6丁目12-21Valvex地下1階
        アクセス: http://www.valvex-co.jp/access.php
特 別 参 加 費 : 3,000 円 (税込)
定    員 : 15 名限定
参加資格 : 日常会話以上の英語が理解できる日本人および外国人
主催 : 株式会社 オフィス北岡 (CEO 北岡泰典)


【第七回: 2 月 14日 (火) 開催「美容と NLP」】 (受付終了しました。)

北岡は、所沢、下井草、高円寺に美容室店を構えていらっしゃる「カリスマ美容師」の早川伸生氏の会社に対して数年前 NLP 研修を提供しました。それ以来、音楽、美術、アートにも造詣が深い早川氏とは、主に「お客さんに対するラポールの取り方」と「天才肌の美容師の師匠の技能をいかにして弟子に伝えるか」の観点から、NLP の効果性を相互確認してきていて、しばらく前から、美容業界に携わっている方々がどのようにして NLP を通じて技能向上するか、についての共同ワークを企画してきていました。

今回、その企画の実現化の第一歩となるワークを開催いたします。非常にユニークで、興味深い場になることが期待されます。

なお、早川氏は、北岡との個人的会話の中で、「クライアントをトランスに入れないビジネスは、ビジネスとして成り立たない」という名言をされたことがあります。

本ワークは、原則的には「クローズド」ですが、限定的に公開参加も募ります。

早川 伸生プロフィール: 自他ともに認めるカリスマ美容師。所沢、下井草、高円寺で美容室チェーン「カリプソ」を経営。

講   師 : 北岡 泰典 & 早川 伸生
日   時: 2011 年 2 月 14 日 (火) 17:00 - 20:00
予 定 会 場 : Valvex Creative Studio (変更される場合もありえます)
東京都品川区南品川6丁目12-21Valvex地下1階
アクセス: http://www.valvex-co.jp/access.php
特 別 参 加 費 : 3,000 円 (税込)
定    員 : 公開参加者の数に限りがあります。先着順になります。
参加資格 : 特にありません。
主催 : 株式会社 オフィス北岡 (CEO 北岡泰典)

 

参加に興味のある方は、以下の申込フォームから申し込んでください。 


「北岡ワーク」申込フォーム

 

参加イベント名:

どのイベントに参加されるかチェック印を
入れてください。 (複数選択可)

6.第六回: 1 月 24 日 (火) 開催「NLP Aphorisms」
7.第七回: 2 月 14 日 (火) 開催「美容と NLP」 (限定公開)

お名前:
Eメールアドレス入力:
Eメールアドレス再入力:
電話番号:
情報源:
おもちの NLP 資格:
ご意見・ご質問などあれば、こちらへ


運営者:  オフィス北岡ワークショップ事務局  

これまでに開催されたワーク内容の紹介

以下に示されているのは、これまでに開催されたファーストステップ イブニングワークの内容です。

 

【第一回: 10月18日 (火) 開催「見る前に跳べ! Do It!」】

北岡は、高校時代、ニール ヤングと大江健三郎をアイコンとして耽溺していました。特に、大江の小説の『日常生活の冒険』は、大江の義兄の伊丹十三がモデルとなっていると言われている斎木犀吉の生き方には決定的な影響を受けたといっても過言ではありません。

大江は「見る前に跳べ」という短篇集も書いていますが、このタイトルが北岡の座右の銘になってきています。

さらに、高校時代、北岡は、自身を「アイコノクラスト (因習打破者)」と規定し、そのフレームの中で、精神分析ナンバースリーのウィリアム ライヒの『性の革命』や、イッピー (若年国際党) の指導者だったジェリー ルービン著の『Do It! やっちまえ!』は、多感な十代の北岡の「聖書」でした (NLP 創始者のジョン グリンダー氏が日本に初来日されたとき、60 年代同氏がルービンの友人だったことを直接聞き、北岡は驚愕しました)。

実際、幼年期に身体的障害から入所した施設のトラウマ体験から日本に住むことは難しくなり、25 歳の大学卒業と同時にアフリカ北岸のサハラ砂漠に 3 年間滞在して、斎木犀吉が自殺したという都市やアルベール カミュの『異邦人』の土地を髣髴させる場所に住んだときには、都内のフランス語学校の同僚から、後年、「あなたは、サハラ砂漠に行く、行く、とは言っていたが、まさか本当に行くとは思わなかった」と言われました。

北岡自身、この「アウトロー性」を首尾一貫して突き詰めてきた結果、最終的に NLP に行き当たったのですが、現在の閉塞した日本の状況を打破するためには、「見る前に飛ぶ」 ことができる、「座学」を超えた行動性が要求されていると思っているので、本ワークでは、この行動性がどのようにすれば生まれるかについて考察してみたいと思っています。

北岡自身、これまで、北岡式 NLP で、「覚醒、自己変容、自立」の精神が獲得できると主張してきていましたが、もう一点、北岡が教える「見る前に跳べ」の行動性を発揮することで、もしかしたら、上の世代から「ダブルバインド (二重拘束)」をかけられ、萎縮してしまっている若い世代の人々にとって (そしてもしかしたら、ダブルバインドを若い世代だけではなく自身に対してもかけているかもしれない、当の人々にとっても) 「ブレークスルー」をもたらしうるのでは、とも考えています。

講   師 : 北岡 泰典
日   時: 2011 年 10 月 18 日 (火) 19:00 - 21:30 (終了しました)
予 定 会 場 : Valvex Creative Studio (変更される場合もありえます)
        東京都品川区南品川6丁目12-21Valvex地下1階
        アクセス: http://www.valvex-co.jp/access.php
特 別 参 加 費 : 3,000 円 (税込)
定    員 : 15 名限定
参加資格 : 特にありません。
主催 : 株式会社 オフィス北岡 (CEO 北岡泰典)


【第二回: 11月2日 (水) 開催「NLP と瞑想」】

北岡は、1983 年にアメリカオレゴン州でインド人導師のバグワン シュリ ラジニーシに弟子入りして、それ以来継続的に瞑想を続けてきています。「求道期間」の当初は、正式な瞑想のテクニックを踏襲していましたが、NLP を習得し、この方法論を「ヴィパサナ (自己観察) 瞑想」として使うことが可能であることを発見した後は、ほぼ 24 時継続的に自然な形で瞑想状態にいることが可能になっています。

この背景を元に、北岡は、過去に同タイトルの 1 日ワークショップを開講したことがありますが、その際、瞑想と NLP の親和性が示され、NLP がどのように瞑想体験を深めることができるかが実証的に例示されました。ただ、「瞑想のし方」は教授されましたが、瞑想そのものは実践されませんでした。

今回は、NLP トレーナーで、参禅者の新宅圭峰さんとのコラボ ワークで、実際に新宅氏の指導による、実際の禅が紹介されます。

新宅 圭峰プロフィール: NLP トレーナー、参禅者、求道寺僧侶。

講   師 : 北岡 泰典 & 新宅 圭峰
日   時: 2011 年 11 月 2 日 (水) 19:00 - 21:30 (定員になり、盛況裏に終了しました)
予 定 会 場 : Valvex Creative Studio (変更される場合もありえます)
東京都品川区南品川6丁目12-21Valvex地下1階
アクセス: http://www.valvex-co.jp/access.php
特 別 参 加 費 : 3,000 円 (税込)
定    員 : 15 名限定
参加資格 : 特にありません。
主催 : 株式会社 オフィス北岡 (CEO 北岡泰典)


【第三回: 11月15日 (火) 開催「NLP とアート」】

北岡の意見では、歴史的に言って、西洋心理学の分野において二十世紀初頭にシグムント フロイトが創始した精神分析の運動が芸術分野で開花して、1920 年代にアンドレ ブルトンを中心としたシュールリアリズム (超現実主義) 運動を生み出しました。

その後の数十年にわたる「紆余曲折」を経て、西洋心理学の分野では、「打ち止め」的な究極的方法論として NLP が生まれている、というふうに北岡は確信していますが、数十年前にあった「精神分析 → シュールリアリズム」の図式に対応すべき「NLP → □」の部分が、「ピカソの後、二次元アートは終わった」と言われている現代芸術の分野で、今なお「ミッシング リンク」として生まれて来ていないことが、NLP を学び始めた二十数年前からの北岡の大きな疑問となってきていました。

北岡自身は、アーティストとしての芸術的素養がないので、北岡自身がこの新しい芸術運動を芸術家として起こしていくことはできないかと思いますが、「若者に対するオピニオン リーダー」として「サブカル (サブカルチャー)」情報を発信し、かつ、北岡自身のバックグラウンドである「メタ方法論」である NLP を活用しながら、もしかしたら、サブカルを統合超越した、21 世紀以降の新しい芸術運動の「触発者」になれるのでは、と考えてきていました。

この中で、北岡は、ミッシング リンクとしての芸術運動として「メタカルチャー運動」を推進してきています (http://www.meta-culture.co/)。

今回は、中国占星術研究家/アーティストのルビオ-岩崎敬子さんと共同コラボ ワークを開講することになりました。

岩崎氏とこのミッシングリンクの有無についてディスカッションすることになります。

ルビオ-岩崎 敬子プロフィール: 武蔵野美術大学油画科卒業。プランニング・ブランディング・デザインに長く携わる傍ら、人と人の繋がりや理解、コミュニケーションの大切さを痛感し、モノ、コトの企画開発から人生の企画開発・ブランディング・デザインへと発展。中国占星術とアーティストとしての発想力により「人生のデザイン」のためのカウンセリングを行う。2010年より「アートとアルティザンネットワーク-Artisanet」活動開始。

講   師 : 北岡 泰典 & ルビオ-岩崎 敬子
日   時: 2011 年 11 月 15 日 (火) 19:00 - 21:30 (終了しました)
予 定 会 場 : Valvex Creative Studio (変更される場合もありえます)
東京都品川区南品川6丁目12-21Valvex地下1階
アクセス: http://www.valvex-co.jp/access.php
特 別 参 加 費 : 3,000 円 (税込)
定    員 : 15 名限定
参加資格 : 特にありません。
主催 : 株式会社 オフィス北岡 (CEO 北岡泰典)


【第四回: 11月29日 (火) 開催「ヒッピー文化/カウンターカルチャーの歴史的意義の徹底的検証」】

北岡は、1971 年から 1974 年までの高校時代、関西の地方小都市で、学生運動、ヒッピー運動、カウンターカルチャー運動、さらにはアナーキー運動の影響をまともに受け、多感な十代のときに決定的な影響を受けました。高校入学の 1971 年には、在学していた高校は学生運動の真っ只中で、全校集会の中で教師が生徒から詰問を受ける光景が日常的に見られました。

北岡も、文芸部をベースにして学生運動に関わり、社会変革を目指す若者の一人として、アメリカ西海岸 (特に、サンフランシスコ) のヒッピー文化/カウンターカルチャーに傾倒していました。

北岡は、当時、今から思えば、団塊の世代の方々に触発されて、学生運動、ヒッピー文化、カウンターカルチャー、ドラッグカルチャー、ロックミュージックにのめり込んでいき、国内では体験できないことを、その後、大学を卒業した 25 歳以降、アフリカ、アメリカ、ヨーロッパで、西洋若者全般の「サブカルチャー」的な生活スタイルに触れることで、「後追い的」に実際に体験することになります。

ちなみに、このような「オルターナティブ (代替の)」の生き方が最終的に行き着いた方法論が NLP であると北岡は捉えています。すなわち、NLP ほど反体制的、因習打破的な性質をもった心理学的方法論は存在しないと、北岡は考えています。

北岡は、このように、十代から首尾一貫して、いわゆる「反体制性」 (当初は、社会変革の目的で外に向かっていた一方で、二十代にインド人師匠に弟子入りしてからは、内なる人間変革の方に 180 度方向転換しましたが) を貫いてきている「永遠のヒッピー」と自己規定することもありますが、残念なことに、十代の北岡にこのような「反体制性」を植え付けた、当の団塊の世代の方々自身は、もしかしたら、このようなオルターナティブの生き方を、人生のある時点から「若気の至り」として記憶の片隅に封印してきているのかもしれません。

北岡自身は、そのような団塊の世代の方々の「言行不一致さ」が、「ダブルバインド (二重拘束)」として、その子供、孫の人々が「引きこもり」あるいは「ニート」になることの直接的、間接的な原因になっている、と主張することがあります。

今回のワークは、東京の自由が丘の「神経伝達調整」治療室で開業されている村田一吉氏との共同開催となることが企画されています。村田氏自身も、ヒッピー世代の方で、このコラボワークでは、日本の 60 年代、70 年代のヒッピー文化/カウンターカルチャーの歴史的意義が徹底的に検証され、この文化の「遺産」が、現在の日本社会の変革にどのように寄与できるかについて論じられる予定です。

講   師 : 北岡 泰典 & 村田 一吉 (予定)
日   時: 2011 年 11 月 29 日 (火) 19:00 - 21:30 (終了しました)
予 定 会 場 : Valvex Creative Studio (変更される場合もありえます)
東京都品川区南品川6丁目12-21Valvex地下1階
アクセス: http://www.valvex-co.jp/access.php
特 別 参 加 費 : 3,000 円 (税込)
定    員 : 15 名限定
参加資格 : 特にありません。
主催 : 株式会社 オフィス北岡 (CEO 北岡泰典)


【第五回: 12月13日 (火) 開催「一を聞いて十わかる人間になるためには」】

北岡は、現在、「個人的天才性のモデリング」ビデオ収録ワークを行ってきていて、その中で、北岡自身が、語学、精神世界、NLP、片手でのコンピュータ操作、プリゼンの各領域で「個人的天才」になることを可能にさせた「メタ学習ストラテジー」を明示化しています。

これは、「一を聞いて一しかわからない人間」がどのように「一を聞いて十わかる人間」になるか、もしくは、新たに学んだ学習内容をどのように習慣化するかについての方法論ですが、本ワークでは、そのノウハウが開示されることになります。

ちなみに、北岡式「メタ学習ストラテジー」は、主に以下の三つの要素から成り立っています。

1) 学習領域のコアを見つけ、実践する「コア サイクル モデル」

2) 帰納法と演繹法を適所適材的に使い分けるための「アメリカンクラッカーモデル」

3) 北岡式「習慣化のための7手順」

北岡式「メタ学習ストラテジー」、特に「コア サイクル モデル」のメカニズムが詳述された「個人的天才性のモデリング」ビデオ収録ワークのビデオ パッケージは、近日中に販売開始される予定です。

本ワークでは、北岡式「メタ学習ストラテジー」の全体像が解説され、必要に応じて、ストラテジーの一部に関連する演習が部分的に紹介される予定です。

講   師 : 北岡 泰典
日   時: 2011 年 12 月 13 日 (火) 19:00 - 21:30
予 定 会 場 : Valvex Creative Studio (変更される場合もありえます)
東京都品川区南品川6丁目12-21Valvex地下1階
アクセス: http://www.valvex-co.jp/access.php
特 別 参 加 費 : 3,000 円 (税込)
定    員 : 15 名限定
参加資格 : 特にありません。
主催 : 株式会社 オフィス北岡 (CEO 北岡泰典)